カテゴリ:おすすめ料理本( 3 )

日本料理で晩ごはん

徳島と東京の料亭『青柳』の小山さんの家庭料理の本です。
日本料理の本質を深く洞察された小山さんの料理は日本料理の叡智にあふれています。
ちなみに、この本の料理は泉里のまかない料理にもよく登場してます。
非常に論理的で分かりやすい文章ですし、小山さんの本はどれもおすすめです。『日本料理で大切なこと』という本もとてもいいですよ!
e0222708_15345746.jpg

[PR]
by senri_suizenji | 2011-06-07 08:03 | おすすめ料理本

おかずのバイブル

家庭の料理と、料理屋の料理は本来違うものです。どちらが大事かと言えば、やはり家族の心と身体を育む家庭の料理ではないでしょうか。
西健一郎さんの家庭のおかずの本です。
とてもいい本だと思います。
先人の知恵と工夫がつまった日本のおかずに、親の愛情を加えて、子供達に食べさせてあげたい、伝えてあげたいですね。
おいしいおかずを作りましょう。
e0222708_14201488.jpg

[PR]
by senri_suizenji | 2011-06-03 18:26 | おすすめ料理本

心入れの教科書

e0222708_6452997.jpg


料理研究家の辰巳浜子先生の本です。現在も活躍中の辰巳芳子さんのお母様です。
題名のとおり季節ごとの食材の扱いを中心にかかれています。写真はなく、食のエッセイというところでしょうか。著者の家族と料理への情熱と愛情を感じます。
読み物としても楽しいですし、なにより物質的には豊かでなかったはずの時代に、こんなにも豊かな食事が存在したことに驚かされます。その豊かさは手間と心意気と先人から受け継いだ心得によって支えられていることが感じられます。

本分から・・・「三度三度の食事も一期一会と考えゆるがせにはできません。女と生まれ、包丁を持ちはじめてから死ぬまで数十年の積み重ねの結果、なにか結論に到達するのが当然です。それを祖母、母から受け継ぎ、また自分の時代に更新させることこそ、女性としての生き甲斐であると思うのです。」・・・
うーん、重みのある言葉です。
しっかり心を入れて料理していこう!と決意を新たにさせてくれる本です。
[PR]
by senri_suizenji | 2011-02-21 07:52 | おすすめ料理本

熊本市水前寺公園 日本料理泉里を宜しくお願い致します


by senri_suizenji